読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる自適

JKとして歩む日々

ピュアの極み乙女、うどん県に行ったの巻

ICT委員会の話

こんにちは、

親戚にコミュ障を発揮しているじゅり氏です。

一言も話さないわたしに気を使ってくれたのか親戚のおばさんが

 

「肌白いね」

 

と褒めてくれました。

ごめんなさい、ただ引きこもってるだけなんです。

 

そんなことより香川のお話をしましょう。

なんか辛くなってきました。

 

うどん県に行った理由

簡単に言えばG7マルチステークホルダー会議に参加するため。

わたしたちはアトラクション枠としてしゅうがくりょーこんの発表をした。

アトラクションとは言ってもやはりプレゼン、緊張ばかりだった。

 

プレゼンの準備

G7マルチステークホルダー会議で発表するため、

わたしたちは約1ヶ月で

 

・外国人団体旅行客をターゲットとしたがいこくじんりょーこんの概要説明の追加

・発表資料の英訳

・追加した分を含めた練習

 

をすることになった。

そのため、今回もたくさんの方々から力を借りた。

発表資料の英訳にはM教授の奥さん、そしてわんだほーな英語の先生。

アプリの英語verはホワイトハッカーズの先輩方に今回もお願いした。

スライドや名刺のデザインはりんちゃん先輩にお手伝いしてもらった。

同級生やICTのみなさんには応援してもらった。

そしてM教授のサポート...今回もすごい支えられた。

 

サポート・協力してくれたみなさん、応援してくれたみなさん、

本当にありがとうございました。

 

うどん県1日目

朝ごはんにするつもりだったマックはなぜか開いておらず無事死亡した。

そのあと、まなうぇいのお姉さんに迎えてもらいいざ空港へ。

 

うどん県に到着して昼ご飯を済ませたあと発表リハーサルへ。

舞台裏は非常にピリピリしていて緊張感が増す。正直おなかが痛かった。

 

リハーサルが終わってもわたしたちの練習は終わらない。

夜も何回かみんなで練習して就寝。

 

うどん県2日目

起床したら前髪が消滅していて急いで前髪作った。

朝ごはんを食べて少し練習、1日目よりは言えている気がした。

似合わないスーツを着ていざ出陣。おなか痛い。

 

楽屋に通されたあとも練習。ど忘れが酷くて心配が募った。

 

なんやかんやで本番がきた、

わたしだけ待機場所が違ったのでひとりで始まる時を待っていた。

 

M教授がわたしたちを紹介し終わり、いよいよプレゼンが始まる。

ボタンをおす指が少し震えていたことは内緒。

まなうぇいとるいこの茶番が終わり、わたしの出番がきた。

舞台にたった瞬間緊張が消えたはずだった、はずだったのにセリフを噛んだ。

次はセリフをど忘れした、人生の終わりを感じた。

でも、冷静にパワポを見てどうにか思い出した。

そのあとも、わたしは噛んだショックとど忘れの恐怖でセリフを噛んだ。

でも、その気持ちをプレゼン中は抑えこみどうにか最後までやりきった。

 

でも、全体的に言えばプレゼンは大成功!

M教授は長いセリフをミスなく言えたし、

まなうぇいはいつもどおり落ち着いた声で堂々と話せていた。

るいこもたった1ヶ月とは思えない完成度のあるプレゼンをしていたと思う。

 

わたしは噛んだしど忘れしたし本当にクソだと思ったけど、

ちゃんと冷静にプレゼンを進めることができたのでそこは良かったと思う。

 

そのあと栗林公園行ってハトにモテた。人生楽しかった。

 

 

うどん県3日目

さよならうどん県、

おみやげを買ってさらばだ。

 

そうそう、蛇口からうどんのつゆが出るやつね、飲んだよね。

最高だった。

 

まとめ

うどん県は非常に楽しい、なによりうどん美味しい。

あとうどん県自転車チリンチリンが多いので歩くときは注意。

 

プレゼン以外にも通じると思うけど、

ど忘れしないように死ぬほど練習するの大事。

もしど忘れしても冷静に対応できるような力も大事。

とにかく自分に自信が持てるように、精一杯頑張るべき。

 

 

 

 

そうそう、言うの忘れてたけどICT48第1期生になりました。

頑張っていきたいと思います。