読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる自適

JKとして歩む日々

副委員長歴3ヶ月ちょっとのわたしがなぜか委員長になった話【後編】

ICT委員会の話

ICTあどべんとかれんだー2016、25日目を飾ります。委員長です。

ICT委員会の活動とICT Advent Calendar 2016のまとめはM教授のブログへ。

 

 

今日はクリスマスですね(ICT委員会は忘年会です)。

良い子の皆さんはサンタさんからプレゼントを貰ったかと思います。

 

ここで先日のわたしを振り返ってみたいと思います。

 ドクターペッパーは美味しかったです。

母は許しません。

 

ちなみに昨日は、るいことがちゃみんが担当でした。

とても素敵な記事なのでぜひ。

ruuuico.hatenablog.com

gatyaminch.hatenadiary.jp

 

最後に【後編】と書いてあるのでね、前編もあります。

前編はギーク女子のお話しでした。

 

デザインのギーク、プレゼンのギーク、プログラミングのギーク... ...。

どんなギークになりたいかはあなた次第です。

ただ、挫折して逃げてしまうのはあかんでみたいなことを書いたつもりだったけど、

文章力なさ過ぎてクソみたいな記事になってしまった。

10riridk0.hatenablog.jp

 

副委員長歴3ヶ月ちょっとのわたしがなぜか委員長になった話【後編】、

今回お話しするのはわたしがICT委員会でやりたいこと。

 

ICT部員のみなさんは目を通しておくと、今後わたしの無茶ぶりにこたえやすくなるかもしれませんね... ...。

 

やりたいことそのいち. 初心者向け講座やワークショップを開く

例えば、わたしが「ラズパイ触ってみたい」と思ったしよう。

でも、

 

「ラズパイってどこで買えばいいんだろう」

「えっ... ...OSインストール?なにそれおいしいの... ...?」

「てかそもそもラズパイで何ができるんだろう... ...わからなくなってきた」

 

みたいなネガティブ思考になってきて結局やらないという事件が発生する(経験談)

これはわたしが馬鹿すぎた結果なのだが、きっとこのような事件に巻き込まれ諦めてしまう技術にあまり詳しくない人(特に1年生)がいるのではないかと思った。

 

「ラズパイに詳しい先輩に聞けばいいじゃん」

 

と思う人も中にはいただろう。

もう1度考え直してほしい、ICT委員会はコミュ障なことであまりにも有名なことを。

しかも、1年生にとっては先輩は怖くて話しかけることができない存在。

2年生以上は大丈夫じゃねと思うかもしれないが、正直先輩がどの分野で優れているかなんて後輩たちは誰も把握していない。

聞ける環境ではないのである。

 

だったら聞ける環境を作ろう!

てかいろんな人に興味持ってほしいし講座開こう!

 

というわたしの大胆な発想で、来年から始動する予定である。

まだ日程は未定だが、電子工作講座をヨナヒローン先輩にお願いした。

ぜひ、みなさんには参加していただきたい。

 

この講座を開催することにより、初心者のみなさんは色々な技術に興味を持つことができ、わたしみたいな事件を起こさなくて済む。

 

しかも、開講する先輩方は技術継承ができる。

まさに一石二鳥である。

 

講座やワークショップをしたいICT部員はぜひわたしまで連絡してほしい。

デザイン講座やプレゼン講座、vimはいいぞ講座など、どんなものでも大歓迎。

3-5講義室以外でやりたい、必要な資料や道具があるなどのものがあればわたしが相談に乗るので気軽に申し出ること!

 

講師が申し出ないならスカウトしにいくのでよろしく。

 

やりたいことそのに. リーダー育成

ICT委員会にリーダーできそうな人少ないのマジ大問題。

ということでね、育成したいんだよ。

 

育成するにはリーダー講座等々が必要だと思っているのでね、

講師をスカウトしにいくよ。スカウトしなくても自らわたしに言いに来てもいいよ。

 

やりたいことそのさん. マニュアルをつくる

何かをやるにせよ、マニュアルがあると便利だと思わない?

わたしはほしいぞ、ということでマニュアルつくるよ。

 

ほしいマニュアルそのいち. 委員長・副委員長マニュアル

(これつくるのわたしなんじゃね... ...?)

今後、委員長や副委員長になる後輩たちのためにほしいマニュアル。

正直中身何も考えてないけどな!!!!わたしなんて気合いとノリでやってるからな!!!!わたしこそマニュアルが必須だと思うよ

 

ほしいマニュアルそのに. リーダーマニュアル

ICT委員会にはリーダーになれるタイプの人が少ない(だけど任せる)、

また、来年度リーダーをやる人の中には「はじめてリーダーします><」みたいなはぢめてのりーだータイプの人もいるだだろう。

 

そのような人たちのためのリーダーマニュアルが必要だと考えている。

  • リーダーとは何か
  • チームのまとめ方
  • 仕事の割り振りの仕方

みたいな内容を(超適当)

そうすればきっと、より良いチーム作りができるのではないだろうか。

 

これ誰かにやってもらうぞ、無茶ぶりするからな。

 

ほしいマニュアルそのさん. 競技プログラミングマニュアル

ICT委員会の競プロ界隈のみなさんにぜひ書いてほしいマニュアル。

 

競技プログラミング初心者中の初心者向けの内容にしてほしいなと思っている。

入力や出力の仕方から始めるくらいのレベルでな。

 

中身は来年相談しよう、

もうマニュアルを書いていただく人は決めているので競プロ界隈のみなさんよろしくお願いしますね。

 

やりたいことそのよん. 新1年生向けの説明資料をつくる

今年の1年生はSlackやDropBoxの使い方がいまいち把握できていなかったように感じた。また、PCKやプロコンの概要もよくわかっていなかったり、アイデア出しやPowerPointでのまとめ方もわからず困惑しているように見えた。

 

このままではあかんので、新1年生向けに説明資料を作ることを思いついた。

今つくろうと思っているのは、

  • ICT委員会とは(競技プログラミングと開発の話を主にしたやつ)
  • PCK・プロコンなど、大会の概要説明
  • Slackの使い方
  • DropBoxの使い方

の4つ。

誰かがプレゼンした後、PDFキメてDropBoxの共有フォルダに置いたりするのかな。

(そうゆうのまだ決めてないことに書いてる途中に気づいて笑ってる)

 

説明資料を作ることによって「使い方わからないむりぽよ~」みたいな子が少なくなるので、突然プロコンチームに入れられたりビジコンでチーム組ませられたりしても対応がしやすくなるはず。

 

まあね、この説明資料わたしひとりで作るのしんどいし誰かに無茶ぶりするよ。

 

やりたいことそのご. 1年生同士の交流を深める

1年生とお話ししていて「1年生同士であまり交流がなかった」的な話が出たので、来年はどうにかして深めようと思っている委員長。

 

でもお菓子パーティー開いてお話ししよう!みたいなものはよろしくないしICTっぽくないなと色々考えた結果... ...

 

なんかひとつものを作らせればよくね???

 

と思い立ち、3ヶ月ほどの短い期間で開発をさせることにした。

冬休みに入る前に技術監督とリーダーに同級生を任命したしいつでも始めることができるぞ!でも1年生にはこのこと伝えてないぞ!(クソ雑魚)

 

開発に触れることができる上に1年生同士で交流することができる、しかも先輩とも離せることができるし何より技術継承ができる。

 

企画したわたし天才的だな(いいえ)

 

現1年生はこのような形で交流していただくが、新1年生はどうするか... ...。

正直ノープランである。

 

まあね、思いついたら企画しましょう。

 

やりたいことそのろく. ICT委員会でおそろいのポロシャツつくる

本当はかりゆしウェアがほしかったんだけど高かったんだよ。

仕方ないのでポロシャツに切り替えた。

 

なぜポロシャツがほしいかというと、プロコンのときスーツ着るのがしんどかったから。見る分には好きなんだけど、着るのはあまり... ...(クズ)

 

デザインとか何も決まってないしどうしようかって感じなんだけど、

目指すは今年のプロコンに着ていくこと。

 

がんばるぞい♡

 

まとめ

思いつきでICT委員会のカースト制度(の図)を崩壊させる人間なので、今書いてきたもの以外でも何か思いついたものがあればたぶん勝手に企画してやるだろうね。

 

「この企画あかんじゃろ」と思えば指摘してほしいし、むしろICT部員から企画を提案してほしいなと思う。ICT委員会という部活はわたしが作り上げるものではなくて、ICT委員会全体が作っていくものだからだ。

 

もちろん、企画までとはいかないぽわっとした考えでも構わない。そんな固く考えず、いつもわたしとしゃべるようなノリで

 

「こんなのほしくない?」

 

と言ってくれれば、おしゃべりクソ野郎委員長は食いつく。

だからぜひ気軽に話してほしい。

 

あと全然関係ないんだけど、ICTの活動をしすぎて単位落としそうな人がいると聞いてとても心配。両立はしっかりしよう。

 

"わたしが"来年やりたいこと

今までICT委員会を中心に話してきたが、最後にわたしが来年やりたいことを話す。

 

  1.  プログラミングから逃げない
  2.  デザインとプログラミング(主にC, C++, C#)の勉強をする
  3.  勉強とICTの両立(今はできている気がするので継続する)

 

来年度は3年生、

引っ張っていく存在になる(そもそも委員長なので引っ張らなければならない)

 

もう逃げてはいけない年代になってしまう、というかどの年代でも逃げたらだめなんだけど。

 

精進しなければならない。

 

後輩のみんな、わたしみたいなクズになったらだめだぞ!

 

というわけでみなさん、よいお年を。