読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆる自適

JKとして歩む日々

委員長のママ化が進んでいる話

ICT委員会の話 わたしの話

こんばんは。

左下の虫歯の痛みと毎日のように戦い、負けているりしです。

 

最近、歯医者さんに「梅系のお菓子と炭酸は控えろ」と怒られてしまい、梅全般とドクターペッパーを母から禁止されています。禁断症状が出そうです。

 

そして、来週の金曜日、わたしは(きっと)銀歯デビューと神経抜く儀式を行います。

 

ICT委員会の合宿が終わった

委員長になって初めての合宿、

様々なことがあったが大きな事故もなくまあまあ... ...無事に終えることができた。

 

反省すべき点も多くあり、それは副委員長であるmitoとお話しした。

この反省点を次に生かしてまた頑張りたい。

 

まあ、それは置いといて。

わたしは今回書くのは、

 

委員長であるわたしのママ化

 

である。ちなみにmito副委員長のパパ化も若干進んでるよ。

 

合宿中は特にママ化が進んだ

合宿前はそうでもなかった。というか、どちらかというとわたしは子供側に近い存在だった。しかし、合宿に入るとなぜかわたしのママ化はどんどん進んでいった。

 

「も~~~!!!!!ここでドロイドくん投げない~~~~~!!!!」

「廊下はいいってもんじゃない!!!!投げるのやめなさい!!!!!」

「い~~い~~ですか~~???静かにしなさ~~~~~い~~~!!!」

「もう13:00よ~!!!!移動しなさい!!!メリハリつけなさいもう!!!」

 

なんやこのママ感は、わたしはいつからICT委員会のママになったの。

ママ本当にあなたたちのこと考えると虫歯が痛むわ。

 

委員長やリーダーはあなたのママじゃない

わたし以外にもママ化が進んでいる人はいる。

 

でも、わたしたちはあなたのママではない。わたしは、あなたが所属している部活の委員長だったり同級生であったり、後輩であったり... ...あとは先輩であったりするわけで、あなたのママではない。あなたを産んだ記憶は一切ない。

 

これはしっかり念頭に置こう。

もう1回言おう、あなたのママではない。

 

ママ化を防ぐためにあなたがすべきこと

必死に考えたのでぜひ実践してほしい。

  1. 幼児退行をしない
  2. 日程などの連絡ははしっかり読む
  3. 時間をみて行動する、メリハリをつける
  4. ぬいぐるみは投げず、抱きしめる

以上だ、きっとこれでわたしのママ化はおさまるはず。

 

おわりに

ええ、ネタのようでネタではないこの記事。

委員長はママではないと再認識し、新学期は立派な高専生になっていることを祈っています。